2010年08月15日

横山真一郎 フルートとピアノのための「葦の巣」

「葦の巣」JPEGYOKOYAMA "Le Nid des Roseaux" for flute and piano

フルートとピアノのための「葦の巣」(あしのす)
横山真一郎(よこやま しんいちろう)作曲、2003年

映画学校の学生が授業で作った同名の短編映画のために書いた、美しい曲です。なお映画そのものは公開されていません。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽譜・音符へ人気ブログランキングへ


できましたらご寄付をお願いします。

「葦の巣」フルート パート譜 PDF
「葦の巣」ピアノ スコア PDF

2012年6月4日、94小節目、ピアノパートに重大な音符の抜け落ちがありましたので修正しました。以前の版をお使いの人はチェックして下さい。

フルートと弦トリオ版もあります。

この作品は Performance Restricted Attribution-NonCommercial-NoDerivs(演奏制限、表示、非営利、改変禁止)3.0 でライセンスされています
詳しくはこちらの記事をご覧下さい。


音声はこちら。
シンセサイザーで作ったもので、あまりニュアンスが出ていません。参考程度にして下さい。
画像は動きません。

Photo by (c)Tomo.Yun http://www.yunphoto.net


この楽譜は Finale で書きました。
posted by 横山 真一郎 at 23:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 横山真一郎 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いろいろ気に入ってくださってありがとうございます。「アジアのスパイス」はバスーンの代わりにテナーサックスでもいいと思います。IMSLPの方に楽譜があります。
「白い楽譜」は「White Sheet Music」かなと思いますが、いかがでしょうか。
実は日本の歌曲のタイトルの英訳に悩まされており、「向う横町」は放棄してしまいました。よろしければ奥様のお知恵を拝借したいです(笑)。
Posted by 横山真一郎 at 2010年08月30日 09:11
映画のシノプシスありがとうございます。作品を観ることが出来ないのは残念ですが、曲の背景が分かっただけでも収穫ありです。

生憎と今現在交流のあるフルーティストはいないのですが、機会があれば是非にと薦めるつもりです。チェリストは知り合いにいるので、「アジアの花」推しておきます。悲しいかな、バスーニストがいないので「アジアのスパイス」はお預けです :(

私がflで妻がpfです。(これは何故か聞かれるような気がしました。)妻(米国人)が「白い楽譜」気に入ったようなのですが、これは「White Score」との英訳でよろしいのしょうか。
Posted by Ikuma at 2010年08月29日 11:28
Ikuma様
このブログへの最初のコメントありがとうございます。ちなみにIkumaさんと奥さんと、どちらがフルートでどちらがピアノでしょうか。
夕食後のスタンダードになりつつあるとは嬉しいお話です。知り合いのフルーティストがいらっしゃいましたら、ぜひ広めて行って下さい。

この映画は映画学校の授業の中で作られたものです。インターネットにはアップされていないようですし、実は私も持っていないのです。学生さん(と言っても年配の女性なのですが)
とは人の紹介で知り合っただけで、その後も連絡はしていません。

映画は10分ぐらいの短いものですが、あるフランス在住のカビル人(アルジェリアの先住民で、サッカーのジダンが有名)の女性が病気で、もはや祖国に帰ることができなくなったが、たまたま出会った同じカビル人の青年に、祖国から持って来た葦でできた鳥の巣を渡す。
その中にあるいくつかの鳥の卵がかえって、成長して、いつか自分の代わりに祖国に帰ってくれることを願う。
青年は葦の巣を大事にし、やがて卵は孵化するが、女性は病院で電話を通してその雛の鳴き声を聞きながら死んで行く、というお話しです。

ちなみにこの学生さん自身がカビル人です。

Posted by 横山真一郎 at 2010年08月29日 01:42
はじめまして、

IMSLPで「葦の巣」発見して以来、妻と二人での夕食後のスタンダードになりつつあります(笑)。フルートとピアノのアンサンブルが映える、仏映画を彷彿させる非常に美しい作品だと思います。

学生映画短編の為の作曲となっておりますが、映画はオンラインで公開されているのでしょうか?
Posted by Ikuma at 2010年08月28日 10:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159551124
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック