2012年08月27日

バッハ「前奏曲とフーガ第1番」(第2巻)ヴァイオリンとピアノ編曲版

「前奏曲とフーガハ長調」JPEGJ.S.BACH "Prelude and Fuga" No.1 in C major for violin and piano

「前奏曲(プレリュード)とフーガ第1番」ハ長調 BWV 870
「平均律クラヴィア曲集第2巻」より
J.S.バッハ 作曲

ヴァイオリンとピアノ編曲版
横山真一郎 編曲・2012年8月

J.S.バッハ「平均律クラヴィア曲集第2巻」第1番の前奏曲とフーガをヴァイオリンとピアノ用に編曲しました。

にほんブログ村 音楽ブログ 楽譜・音符へ人気ブログランキングへ


できましたらご寄付をお願いします。

「前奏曲とフーガハ長調」ヴァイオリン PDF
「前奏曲とフーガハ長調」ピアノスコア PDF

始終アルペジオで奏される「平均律クラヴィア曲集第1巻」第1番の前奏曲はあまりに有名ですが、この第2巻の前奏曲は和声的により複雑で、実に細やかで豊かな情感を持った名曲です。ヴァイオリンとピアノの編曲でも十分に美しさが味わえると思います。

続くフーガは一転して、それまでのすべての思いを振り払うような、活気あふれる曲になっています。

前奏曲は基本的に原曲の音を変えていませんが、フーガではオクターブ移動させたり、音を付け加えたり、多少手を加えています。

原曲にはタイを除いて一切のスラーがありません。ボウイングは参考までに付けたもので、自由に変えて弾いて下さい。ヴァイオリンの重音が困難な場合は、ピアノが代わりに弾きます。

2012年8月29日、フーガを追加しました。
2012年9月7日、譜めくりを考慮した版にしました。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この編曲は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

この楽譜は Finale で書きました。
posted by 横山 真一郎 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 横山真一郎 編曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/288688032
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック