2016年02月20日

バッハ「パルティータ」第6番 ジーグ 演奏用楽譜

Bach Partita No.jpgJ.S. Bach "Partita" No.6 BWV 830 Gigue

バッハ「パルティータ」第6番、ホ短調(BWV 830)よりジーグ
8分の12拍子での演奏用楽譜

にほんブログ村 音楽ブログ 楽譜・音符へ人気ブログランキングへ


できましたらご寄付をお願いします。

バッハ「パルティータ」第6番 ジーグ 演奏用楽譜 PDF

バッハ「パルティータ」第6番 ジーグ 比較楽譜 PDF

この曲は「フランス組曲」第1番、ニ短調(BWV 812)のジーグと共に2分割系(1拍が2つ、4つに分割される)で書かれており、通常のジーグのように8分の3拍子や8分の6拍子などの3分割系で書かれていません。そのためこの曲は、おそらく19世紀の初めごろからずっと譜面通り2分割系で弾かれて来ました。

しかしこれはフローベルガー(1616-1667)からの伝統的な書き方に従ったまでで、実際の演奏は通常のジーグのように3分割系で演奏されなければならないのです。この曲に長年なじんで来た人は驚かれるかもしれませんが、ぜひともこの曲本来の生き生きした姿をお楽しみ下さい。

オリジナルではとりわけ後半に8分音符が4つ並んだパターンが多く出てきますが、これをどう弾くかはいくつかの可能性があると思います。この楽譜で示した弾き方は一例であり、ご自身で別の可能性も試してみて下さい。

「比較楽譜」は1725年のバッハの自筆譜と、1731年の出版譜、そして横山真一郎の演奏用楽譜を並べて比較研究できるようにしたものです。

ブログ本館の記事「甦えるジーグ 〜バッハ「フランス組曲」と「パルティータ」より」もご参照下さい。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この楽譜は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

この楽譜は Finale 2011 で書きました。
posted by 横山 真一郎 at 21:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 世界の名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Dear M. Reinier van der Wal.
G is by Kellner's manuscript. It is controversial, but I think Kellner is right. I don't write yet about it in English but I wrote it in Japanese.
http://bachmubansou.blogspot.fr/2017/03/blog-post.html
Posted by Yokoyama at 2018年03月28日 11:18
Dear Mr.Yokoyama,
I think you want to know there is a wrong note in your edition without slurs of the cello suites.

In measure24 from the Courante in the 2e Suite: the 11th sixteenth note must be a f and no g. Thank you for your great work!
Posted by Reinier van der Wal at 2018年01月18日 01:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。